読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田村隆成「運命を拓く」

政治・経済などを占いの観点から研究しています。

米大統領選、候補者を占いの観点からみて最も優勢なのはトランプ氏か!?

f:id:abcd1603:20160308105200j:plain

 トランプ氏が共和党大統領候補になる可能性がスーパーチューズデーで圧勝した結果、大きくなってきた。共和党の候補者にはクルーズ氏、ルビオ氏の3人に絞られそれぞれの候補者の運勢はどうなっているだろうか?

 

ドナルド・トランプ - Wikipedia

f:id:abcd1603:20160308000123j:plain

f:id:abcd1603:20160308002640j:plain

トランプ氏は 1946年6月14日、己(つちのと)日生まれ。

命式をみると、月柱の地支が午、通変星が正官、印綬、十二運が建禄。

これはとても運勢の強い身旺であることがわかる。

運勢の良い大運が回っているわけではいが、トランプ氏本人の持っている命式そのものが候補者の中でもっとも強い。

そして戌年生まれの水星人であるため、最も目立ちだがり屋である。

 

テッド・クルーズ - Wikipedia

f:id:abcd1603:20160307231304j:plain

f:id:abcd1603:20160307233006j:plain

クルーズ氏は1970年12月22日、丙(ひのえ)日生まれ。

大運は46歳から30年間。

運勢のある【大運】が

  → 巳 (建禄)

丙 → 午 (帝旺)

  → 未 (衰)

 となる。

運気が回ってきたこのタイミングが大統領への立候補となったのだろう。

この運気が弱ければ立候補はしなかったのではないかと推測する。

 

しかし、今年来年は天冲殺(空亡=申酉)。

ドイツのメルケル首相と同じ金星人である。

超保守派であり、いわゆる右。

地盤であるテキサス州で勝ちはしたが勝つのは難しいだろう。

 

マルコ・ルビオ - Wikipedia

f:id:abcd1603:20160307231212j:plain

 

f:id:abcd1603:20160307233158j:plain

ルビオ氏は1970年5月28日、癸(みずのと)日生まれ。

大運は38歳から30年間。

運勢のある【大運】が

  → 丑 (冠帯)

癸 → 子 (建禄)

  → 亥 (帝旺)

 である。

大運が回ってきてはいるが、命式を見てみよう。

ルビオ氏の中心星は正財。だが比肩、刧財に挟まれている。

この二つは正財を押さえ込んでしまっている。

大運が回ってきて運気は上昇してきているが、本人が持っている命式が身弱であるため今一歩であろう。

 

 

クルーズ氏の運勢は、真冬の真っ只中にあり、

ルビオ氏はトランプ氏と比べるとやや弱い。

この3人の中で最も運気があるのは、トランプ氏になる。

 

 

民主党クリントン氏の命式を見てみよう。

ヒラリー・クリントン - Wikipedia

f:id:abcd1603:20160308013559j:plain

f:id:abcd1603:20160308014730j:plain

クリントン氏は1947年10月26日、戊(つちのえ)日生まれ。

65歳からの30年間が最も運気がある。

クリントン氏の【大運】は、

  → 巳 (建禄)

戊 → 午 (帝旺)

  → 未 (衰)

 である。

 

中心星は比肩で活動的な偏官をもち勢いはあるが、今年から運気が天冲殺(空亡=申酉)に入っている。たとえ大統領になっても充分な力を発揮できないだろう。当初、泡沫候補者と言われていたサンダースに追い上げられて苦戦を強いられてきている。

 

ではサンダース氏の運勢はどうなっているだろうか。

 

バーニー・サンダース - Wikipedia

f:id:abcd1603:20160308015557j:plain

f:id:abcd1603:20160308020750j:plain

サンダース氏は1941年9月8日、己(つちのと)日生まれ。

命式をみると、月柱の地支が酉、中心星は傷官

自称、社会主義者と公言しているように反体制派。

アメリカはホームレス56万人。日本のホームレスは7500人という状況をみても格差の激しさからサンダースの支持が増している。

 

 

以下、アメリカメディアの論調を紹介したいと思う。

オバマはアメリカの衰退を作ったが、次の大統領が虚言や暴言のヒラリーやトランプならアメリカは沈没する。

 

AC通信:No582 Andy Chang

AC論説 No.582 アメリカの沈没?

 

 オバマがアメリカをダメにしたのは誰でも知っているが、アメリカの沈没は次の大統領が国をもっとも悪化させると思われるからである。

 

共和党主流はトランプの暴走を抑えられずパニックに陥っている。民主党側はヒラリーが優勢だがヒラリーは罪状を幾つも抱えているし、サンダースは社会主義的な主張は国民の支持は低い。トランプは暴言で人気が高いが当選したら暴言は首枷(くびかせ)となる。

 

オバマが国を目茶苦茶にした。エスタブリッシュメント(政治体制)はオバマ同様にダメだから民衆は反体制となった。民衆は反体制を支持する。共和党主流はトランプ嫌いだがトランプの暴走を止められない。民主党の候補ヒラリー、サンダース両方とも問題がある。

 

トランプが、或いはヒラリーが次期大統領となったらアメリカはどうなるか。アメリカの沈没は予期できる。アメリカが沈没すれば世界の情勢はどうなる?中国、ロシアの覇権進出、中東のISISテロと戦乱、欧州は難民の怒涛で沈没。

 

▲共和党の失策

勝負するのとは違う。

でもヒラリーのような嘘吐き、犯罪者が大統領になったらアメリカの信用度は限りなく近くなる。その反面トランプが大統領なら世界を敵に回す。どちらにしてもアメリカは沈没する。

 

スカリア最高裁判事が死亡し、大統領は新判事の指名権があるが、国会は反対権を行使すると言う。上院議員は新しい大統領が選出されるまで待つべきだと言明した。

つまり最高裁判事の指名は保守とリベラルの戦い、選挙で大きな影響力をもっているのだ。

 

オバマはアメリカの分裂を作った張本人である。民主党と共和党の分裂、黒人と白人の闘争、保守とリベラルの分裂、金持ちと貧乏人の分裂、自由と独裁の分裂。あらゆる方面で分裂を作って国政を悪化させた。オバマは国民の反体制感情を作り上げたのである。

 

トランプはオバマよりもっとも悪い。国民が体制に反対したのはオバマの責任だが、トランプは敵を作り塀を作り無責任発言を繰り返して反政治、反体制の民衆を味方につけたのである。ローマ法王がトランプを批判して「塀を作って橋を作らない(反対者を拒否し、協調をしない)者はクリスチャンではない」と言ったら、トランプはローマ法王を恥知らずと罵り、ルビオもトランプに同意した。

 

アメリカの将来はどうなる?オバマはアメリカの衰退を作ったが、次の大統領が嘘言や暴言のヒラリーやトランプならアメリカは沈没する。アメリカの沈没で21世紀の世界は群雄割拠となるだろう。