読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田村隆成「運命を拓く」

政治・経済などを占いの観点から研究しています。

最側近として注目されているプリーバス氏とバノン氏。二人の運勢は?

トランプ氏の最側近としてラインス・プリーバス氏とスティブン・ケビン・バノン氏が注目されている。

 

 

ラインス・プリーバス氏

f:id:abcd1603:20161216090210j:plain

 

1972年3月18日生まれ

 

0学占いでは木星

マヤ暦ではキン番号149赤い月、黄色い種の黒キン

 

共和党主流派と連携しトランプ次期大統領と最も接触する立場になる。

ペンス次期副大統領の「赤い地球」とプリーバス氏の「黄色い種」神秘キンの関係である。

*神秘キン・・互いに惹かれあう存在、刺激あいがある関係性。

 

ペンスの盟友、ポール・ライアン氏とも親しい。

ポール・ライアン氏もキン番号151青い猿、黄色い種の2番違いのセット。

ペンス副大統領とプリー・バス氏、ライアン氏が重要なキーマンになる。

クシュナー氏がポールライアン氏のガイドキンにもなっている。

 

四柱推命では、「正官ー正財」

忠実な首席補佐官タイプ。

 

f:id:abcd1603:20161216090300j:plain

 

 

トランプ次期大統領、首席補佐官にプリーバス氏指名 党全国委員長

米国のドナルド・トランプDonald Trump)次期大統領は14日、首席補佐官にラインス・プリーバス(Reince Priebus)共和党全国委員長、首席ストラテジスト・上級顧問に選挙対策本部の最高責任者を務めたスティーブ・バノン(Steve Bannon)氏をそれぞれ指名した。トランプ氏が新政権の高官人事を行ったのは初めて。

プリーバス氏はベテラン政治家で、長年盟友関係にあるポール・ライアン(Paul Ryan)下院議長をはじめ共和党指導部との橋渡し役が期待される。

 

 

スティーブン・バノン氏

f:id:abcd1603:20161216090317j:plain

 

1953年11月27日生まれ

 

Wikipediaより抜粋

ブライトバート・ニュースの会長である。

同ニュースはアメリカにおけるファー・ライトのニュース、論説そして解説のウェブサイトであり、オルタナ右翼とつながりがあることで知られている。2016年8月、彼は同年に開かれた大統領選挙でドナルド・トランプ陣営の選挙活動の本部長に起用される。バノンの分析がトランプやその娘イヴァンカ・トランプと娘婿ジャレッド・クシュナーにも信頼されたからとされる。バノンはトランプ政権の首席戦略官兼上級顧問に就任することになっている。

自らはグローバリゼーションがもたらした米国の様々な人種の労働者階級の没落に批判的な経済ナショナリストを自称し、人種差別主義者の疑惑は否定している。また、トランプも「バノンが人種差別主義者かオルタナ右翼だと思ったら私は彼を雇うことさえ考えない」と語っている。だが、バノンとトランプの無理な弁明は、メディアには認められなかった。ニューヨーク・タイムズは、バノンを好戦的なポピュリストだとの記事を掲載した。さらにNYTは、批評家がトランプがバノンを戦略担当にしたのは、『レイシスト(人種差別主義者)の声』として起用したものだと断定した。

 

 

次期政権の首席戦略官・上級顧問に起用されている。

 

0学占いでは小王星

 

キン番号228黄色い星、白い風

ペンス時期副大統領の「赤い地球」とバノン氏の「白い風」類似キンの関係である。

*類似キン・・似た者同士、感覚や考え方が似ている関係性。

 

四柱推命では、壬日生まれで11月生まれの亥であるから身旺

f:id:abcd1603:20161216090332j:plain

 

イデオロギー論客としてトランプ選挙戦を指導。

反ユダヤ主義者と一部いわれるが、為にする噂にすぎない。

そうでなければ、ジャレット・クシュナーが推薦する訳がない。

ニューヨークタイムス、ワシントンポスト、CNNなどがよってたかってバノン氏を攻撃したが、今回のトランプ氏の勝利の貢献者はバノン氏である。

アメリカ人はエスタブリシュメントを信用していなことを白日の下に晒したのが今回の大統領選挙であった。