田村隆成「運命を拓く」

政治・経済などを占いの観点から研究しています。

アメリカ司法長官にジェフ・セッションズ氏。彼の運勢は?

トランプ氏は司法長官にジェフ・セッションズを抜擢!

ジェフ・セッションズ氏

f:id:abcd1603:20161231131031j:plain

 

1946年12月24日生まれ

 

0学占いでは土星人、戌年であるから0スターである。

マヤ暦ではキン番号40黄色い太陽、黄色い太陽、音1

同じキン番号40に、マザー・テレサがいる。

裏、表のない人物。

 

四柱推命では壬日生まれ子月であるから身旺

間違いなく強運である。

 

f:id:abcd1603:20161231131047j:plain

 

 

人種差別主義者と云われているが、むしろ違法な犯罪者を厳しく取り締まりKKKを命懸けで潰した人物である。トランプの推進しようとしている不法移民を取り締まる急先鋒となるであろう。

 

Wikipediaより抜粋

1946年にアラバマ州・セルマで生まれたセッションズは、長じてモンゴメリーにあるハンティンドン大学に進み、続いてアラバマ大学では法務博士の学位を得る。

当時の南部においては民主党が絶大な影響力を誇っていたが。セッションズは大学時代から熱心な共和党員だった。また、陸軍にも入隊し、予備役として1973年から1977年まで所属した後、大尉の階級で除隊した。大学卒業後は法律家・検察官への道を歩み、1975年から1977年までアラバマ州南部地区の連邦地区検事補佐を勤めた。1981年には当時のロナルド・レーガン大統領から指名を受けて同地区の検事に就任し、1993年まで同職を務める。1986年には連邦判事に任命されるもに上院が人種差別主義者の疑惑があるとして承認を拒否した。承認拒否の経緯は、米国弁護士のトーマス・フィギュアが、セッションズはクー・クラックス・クラン(KKK)について、「彼らのメンバーが、マリファナを吸ったことを発見するまでは、KKKはOKだ」と答えたと証言した。セッションズは、これは冗談だと言い訳したが、発言については謝罪した。セッションズは連邦検事時代にアラバマの公立学校における人種差別の撤廃やKKK幹部の死刑求刑などにも取り組んでいた。だが、連邦判事任命の承認は、結局拒否されることとなった。1994年にはアラバマ州の司法長官選挙に出馬、当選を果たす。政界への進出は、その2年後の1996年で、現職上院議員の引退に伴い出馬、52%の得票で上院議員に当選する。2002年にも、「イラク討つべし」の世論に支えられ大勝した。2008年アメリカ合衆国大統領選挙と同時実施される上院選では、早くから3選が確実視されており、120万票を獲得し3選を果たした。

 

共和党では最右派に属し、イラク戦争相続税廃止を盛り込んだ大型減税法案、ジョン・ロバーツ、サミュエル・アリート最高裁判事任命にも賛成票を投じた。セッションズがとりわけ熱心に取り組んでいるのが不法移民問題で、2007年6月にはジム・デミント上院議員らと共に、不法移民の合法化を目指す法案の否決への流れを作る。それゆえ、不法移民合法化を推進した同党のジョン・マケイン上院議員とは対立関係にある。

かねてからバラク・オバマ政権による環太平洋戦略的経済連携協定反対派の急先鋒であり、2016年アメリカ合衆国大統領選挙に共和党から立候補したドナルド・トランプを支持していた。 2016年11月18日にトランプ次期大統領より司法長官に指名された。

広告を非表示にする