読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田村隆成「運命を拓く」

政治・経済などを占いの観点から研究しています。

サムスン電子副会長、李在鎔氏の運勢【四柱推命・0学】

サムスン御曹司、サムスン電子副会長の李在鎔が5つの容疑で逮捕された。

三代目で潰れるのか?

 

李在鎔氏

李在鎔 - Wikipedia

f:id:abcd1603:20170407103005j:plain

 

1968年6月23日生まれ

 

f:id:abcd1603:20170407103102j:plain

 

四柱推命で占うと日干は甲(キノエ)月支、午。

 

月柱は【正財ー偏財】

更に年柱にも偏財があり正偏混雑しており、財つまりお金のために振り廻される運勢。
典型的な身弱の運勢

 

サムスンの御曹司だから副社長になっているがトップでいるのは難しいだろう。

 

大運は45歳から30年間、印綬、比肩、劫財で相対的に運気が上がる。
以前から李在鎔氏は社長の器ではないといわれていた。

 

月支と日支は午と子となっており水火の激冲となっており夫婦関係は、人間関係も悪くなる確率が高くなる。
正財、偏財が3つあるということは正財が正妻、偏財は妾、愛人を意味し妻妾同居を意味する。

 

ちなみに最初の結婚は離婚している。その後、女性スキャンダルは絶えない。
 

財の星は人格の星である印綬を剋するので、人格よりも金優先に走り李在鎔氏の復活はかなり厳しものになりそうである。


0学占いでは申年、土星人で今年より背信木に突入。
2020年以降まで厳しい冬に突入している。

f:id:abcd1603:20170407103125j:plain

 

サムスン創業者は
李 秉喆
大韓民国慶尚南道宜寧郡正谷面出身の実業家。
サムスングループを創業した企業家である。号は湖巌(ホアム、호암)である。李秉喆の死後は三男の李健熙がその地位を受け継ぎ、2008年の退任までサムスングループの会長として務めた。

 

李 健煕氏
大韓民国の実業家。サムスン電子の会長。
サムスングループを創業した李秉喆の三男。慶尚南道宜寧郡出身。血液型はAB型。 本貫は、慶州李氏。

 

李 在鎔氏
大韓民国ソウル特別市出身の実業家。
サムスングループ創業者李秉喆の孫で、サムスングループ2代・4代目会長である李健熙の長男。現在、サムスン電子副会長。